かち・はっけん

これまで『かち』のつけられていなかった『モノ、コト』に対して、新たな『かち』をはっけんし、みなさんに共有させて頂く

気にならない?意外と知らない「OA機器販売業界の常識」に、かち・はっけん

 

こんにちは、muniです!

今日から、元々私がいた、OA機器販売業界についての情報を発信していきます!

 

個人事業主の方や、法人の担当者の方や代表者の方は、知っておくべき内容なので、是非参考にしてください!

 

まずOA機器ってなに?っていう部分ですが、簡単にいうと

 

・ビジネスホン、複合機、セキュリティ端末、サーバー等事務所内の情報通信機器

 

の事で、多くは「クイックリース契約」で契約し、月額でリース料金を支払っていきます。

 

この「クイックリース契約」で絶対に知っておかないといけない事がひとつあります。

 

それは、例えば既に複合機が導入されている状態で、新しい複合機に契約し直す場合、

 

・必ず、既存のリース契約のリース残金は、新しい契約の中に含まれ、新しい契約の中で、お客様にて支払われていく

 

という事です。

 

担当の営業マンによっては、

 

・旧リース料金は発生しません。

・旧リース料金は、うちで負担します。

・旧リース物件は、うちで下取りします。

 

というセールストークをする者がいるようですが、それは単純に新しい契約の利益の中で処理をしているだけです。

 

あたりまえの話ですが、新しいものには「定価」と「原価」があり、その差額が「利益」となってます。

 

OA機器の場合、この「利益」についてはものによりますが、「数十万」はある状態のため、この「数十万」のうち、「旧リース料金」を「値引き」として処理し、あくまで「旧リース料金」は、新しい契約に100%上乗せなるという仕組みです。

 

ですので、基本的に、人員が増えてオフィス内の環境が変わるため、スペックの高いものが必要となるなど、明確に理由がない限り、途中で切り替える必要はあまりないと言えます。

 

月額が下がるケースはありますが、その分、結局は契約期間が延びているだけなので、お客様としては最終的に支払う金額は変わりません。

 

いかがでしたでしょうか?

 

知っているようで知らない、リアルな話ですので、覚えておいてくださいね!

 

では、また情報配信していきます!

 

お問いあわせフォームはこちら

 

※もし実際に契約関連で、お困りごと、不明点等あり相談するところがない場合、もし私でよろしければ、相談にのらせて頂きます。その際は、下記メールアドレスに一度ご連絡ください。

 

問い合わせメールアドレス:dkaga1225@gmail.com